電話番号:0120-51-1929

無料カウンセリング予約 無料メール相談

わきが治療(保険適用)

わきが治療(保険適用)

わきがの保険適用について

当院では最先端のミラドライ治療だけでなく、保険適用の切開手術である剪除法も行っております。
わきがの保険治療には高度な技術が必要です。当院の院長はわきが博士としてメディアに出演し、剪除法について解説を行ったりしております。他にもマリアクリニックグループは高度な技術を持った医師がおり、保険治療の症例実績も数多くあります。
日々、多くの症例実績を基に治療技術の改善にグループ全体で取り組んでおりますので、安心して治療を受けて頂く事が可能です。しかし、切開手術ですので、心配がある方もいらっしゃると思います。不明な点や不安な点がありましたら、遠慮なくご相談ください。

剪除法

わきのシワに沿って3~4センチほど切開し、わきがのにおいの原因であるアポクリン腺を目視して一つ一つ取り除く方法です。しわに沿って切ることで、傷跡の目立ちを最小限にします。

アポクリン腺は、一度除去してしまえば再生することはほとんどないため、臭いの再発の心配もほとんどありません。また、剪除法は真皮の下層も削り取ることが可能であるため、アポクリン腺の取り残しがないかを確認でき、重度のわきがにも適した手術です。皮膚の切開をするため高度な技術を必要とする手術ですが、熟練の医師が施術を行うことで、わきがに対して確実な効果のある治療方法です。

ボトックス

わきがの治療方法として当院ではもう一つボトックス注射を取り入れています。
A型ボツリヌス菌という毒素から抽出した神経毒素を使い、汗を送り出す筋肉の動きを抑えることで、発汗自体を抑える効果があります。
注射行為で終了するため、治療時間も短く、ダウンタイムもありません。また、切開をしないので傷跡が残ることもありません。しかし、効果が持続する期間が3~6ヵ月と永続的に持つわけではありません。
1回の治療費用も他の施術と比べると安く、デメリットの少ない治療方法ですので、費用面で懸念をされていた方や手術に抵抗がある方にはおすすめです。しかし、効果がなくなったときに毎回ボトックス治療をしていては費用面で逆に高くなってしまいます。

わきが治療(保険適用) 詳細メニュー

ページの先頭へ戻る